プラグインエリアトップ

About This Blog

Chinakkoがチラシの裏替わりに殴り書きする誰得ブログです。
PCでの閲覧を推奨しています。(スマートフォン表示は、見なかった事にして下さい…)
主要ブラウザでは一応一通り確認していますが、表示がおかしい時はChromeでどうぞ!
リンクフリー。事前事後とも報告は一切要りません。
が!! 被リンクを確認したらこちらからもリンクさせて頂きます(何
それでも良いよ~という方のみという事でひとつ宜しくお願いします。
尚、管理が面倒な為コメント,TBは受け付けていません(ぉぃ
お手数をおかけいたしますが、下記連絡先に反応をして頂けると中の人が喜びます(〃▽〃)

How to Contact?

当ブログへのご意見、ご感想、ご要望等りましたら、メール or Twitterに是非!(^o^)/
Twitterのアカウント名は、Chinakko_1986です。
メールでのご連絡は、下記メールボタンを押下下さい。(メールフォームが開く仕組みになっています)

メールボタン RSSボタン

お名前:

返信用アドレス(任意):

件名:

本文:

Monthly Archives

戻る
プラグインエリアボトム

□  □

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

□ FC2ブログでjQueryを使う □

ブログカスタマイズをするにあたって、視覚的に実感できる変化をつけるならjQueryを使うのが一番簡単!
jQueryというのはJavaScriptライブラリの一種で、動的なコンテンツを作る際には今最も主流な存在です。
では一体何ができるの?と聞かれると、あれもできるしこれもできるしでキリが無いのですが…
一言で言うならば、これ一つで複雑な処理が簡単操作で出来てしまう魔法の玉手箱のような存在なわけです(笑)

でも、jQueryの本体ファイル自体もアップロードして相対パスで読み込むFTPアップロード等と違って、FC2ブログでjQueryを使いたい場合はどうやって読み込むのでしょうか?
FC2ブログ限定ではなく、一般的なレンタルブログでは同様の疑問が浮かんでくるので、今回はレンタルブログでjQueryを使う方法を書いてみます。

jQueryファイルの準備

まずはjQuery公式サイトからjQueryライブラリファイルを準備するところから始めます。

jQueryライブラリ

その時点での最新版を落とせば問題無いと思うので、サイト中段にある「Download(jQuery)」ボタンからDLします。
ソースコード画面(訳の分からない文字列)に飛んでも、そのまま右クリックから名前をつけて保存で大丈夫です。

jQueryファイルをアップロード

無事DLできたその次は、今落としてきたライブラリファイルをレンタルブログにアップロードします。
そう!レンタルブログでjQueryを使いたい場合は、ライブラリファイルをそのままアップロードすればいいのです!(笑)
レンタルブログにアップロードするファイル=画像 と勝手に固定概念がついてしまっていた私はここが盲点でしたorz
.jsファイルはもちろん、.cssファイルもアップロード出来るならば、cssは全て外部ファイルで賄えますね!(だから?)
話を戻し、ここで一つ注意なのがjQueryのライブラリファイルはそのままではアップロードできないという事。
jQueryのライブラリファイルのファイル名は、jquery-1.7.1.min.js (数字の部分はバージョンにより変化)となっていますが、各レンタルブログによりファイル名に特定の文字列が含まれているとアップロードが不可となる場合があります。
(FC2ブログの場合は、ファイル名に「.」と「/」のどちらかが含まれていると不可になるようです。)
これを回避する為に、ファイル名はjquery.jsのようにアップロード規則に引っかからない名前に変更しましょう。

読み込む為の記述を追加

アップロードまで完了したら、後は読み込む為の記述を追加するだけです。
ブログテンプレートの編集画面に入り、<head>~</head>の部分に<script></script>を追加し読み込ませます。

<head>
<script type="text-javascript" src="ファイルのurl"></script>
</head>

以上でjQueryを使う為の準備は全て終わりです。
次回からは用意したjQueryライブラリを使って色々と弄っていきます!

Copyright © 2007-2017 Chinakko, all rights reserved.

FC2Ad

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。